東信観光バス株式会社 2021(令和3年)安全方針

1.安全に関する基本方針

  1. 輸送の安全を図ることが、社会に尽す重大な使命であることを自覚し、全社員一丸となって安全確保に最善の努力を尽す。
  2. 輸送の安全に関する法令及び関連する規定を遵守し、厳正かつ忠実に職務を遂行する。
  3. 安全管理体制を適切に維持するために不断の確認を励行する。
  4. 輸送の安全に関する情報を、迅速且つ積極的に公表する。

2.安全重点施策

(1)今年度安全目標
  1. 人身事故 ゼロ        (令和2年実績ゼロ)
  2. 飲酒運転、速度超過の撲滅   (令和2年実績ゼロ)
  3. 無事故無違反3年以上      (令和2年実績ゼロ)
  4. 無事故日数を継続       (令和2年実績267日以上継続)
  5. アルコール検出 ゼロ     (令和2年実績1件)
(2)年間計画
  1. 乗務員の、班単位での安全教育、ヒヤリ・ハット等の情報共有化を強化する。
  2. ドライブレコーダーの記録を活用した事故防止教育の実施。
  3. 社員研修会を開催し、事故防止意識の徹底を図る。
  4. 社内に目標を掲示し、社内外の事故警報の迅速な発表、事故情報の公表を行う
    社員研修
(3)事故統計〈2020年度(令和2年度)〉
  1. 事故総件数   5件
  2. 人身事故    0件
  3. その他重大事故 0件
  4. 有責事故    5件(物損のみ)

3.安全に関する取り組み

  1. 交通安全運動と連動した「無事故運動実施中」タグの着用
  2. 事故防止対策委員会による毎月の事故防止標語の掲示

4.安全に関する費用・投資計画

  1. 社員に対する研修・教育         50千円 (令和2年度実績    45千円)
  2. 健康診断・SAS検査受診料等     350千円 (令和2年度実績   229千円)
  3. 安全装備にかかわる車両更新等   25,000千円 (令和2年度実績 22,000千円)

5.輸送の安全に関する内部監査の実施

  • 内部監査を実施し、輸送の安全確保及び事故削減の改善の取り組みを行う

6.安全管理規定

7.安全統括管理者

  • 取締役営業部長 篠原 敏夫(2017年6月17日選任)